同じ漢字で違う読み(看) - 学生の広場 - 「ビジネス.HSK.中国語検定.留学.英会話.広東語」 深セン.広州.東莞.珠海.香港家庭教師派遣可

講師紹介

同じ漢字で違う読み(看)

  

前回からの病院つながりで病気にかかわる表現をひとつ。

小学館『中日辞典』によると

看[kàn]は(患者を)診察する、(患者が)診察してもらう

看[kān]は介抱する、看護する

となっている。

看病[kànbìng]は「医者に診てもらう」という意味で

看大夫[kàndàifu]は「医者を見る」ではなく、「医者に診てもらう」

では、「病人を看護する」は?

「看护病人[kānhubìngrén]」となる。

“看”という単語自体は、中国語学習の初歩の段階で目にする、

基本的な単語のひとつだと思う。

わかっているつもりでも、声調が4声か1声で意味が違ってしまう。

これ以外にも、たとえ知っている単語でも油断せずに

辞書を引くなど、注意が必要なのだと思った。

資料請求・お問い合わせ|中国語教室 渋谷校
HTの特徴
中国語・台湾語「旅行会話集中セミナー」 「ビジネス会話
集中セミナー」 「検定試験対策集中セミナー」 「検定試験対策集中セミナー」

 

中国語教室 ハンズアカデミー 東京・渋谷・神田